飛行機頭痛の対処法は?

 

こんなこと試してみました!

 

私が飛行機頭痛を予防するために行っていること、対象法を紹介します。この方法が必ずしも、飛行機頭痛の症状で悩んでいる人に効果的かはわかりません。ただ、私の場合は実際にこの予防法、対策を行ってから一切飛行機頭痛の症状が発生しなくなっています。

 

気圧コントロール用耳栓

 

普通の耳栓ではなく、なんか変な形のあの耳栓。これを飛行機が着陸のために高度を落とし始めるときに耳に入れます。入れるタイミングは多少の違いはあると思いますが、大体飛行機が高度を落とし始めるのが着陸30分ぐらい前から。痛みを感じ始めてからでは遅いです!

 

シート前方にモニターがあると思うのでそこで現在の高度と予定到着時間を確認。見ていると高度が急激に下がるときがわかります。頭痛が始まる前に行うのでこれぐらいの時間を私は目安にしています。この方法の勝率は100%です。

 

高度を落とし始める前、痛みを感じる前に装着することが重要です!じゃないと「耳栓効果ないじゃん!」ってことになりかねないですからねぇ。

 

ガムを噛む・飴を舐める

 

耳栓を忘れたが、ガムと飴を持っていた時に試した方法。この方法も同じく離陸が近づく30分前に。板ガムまずは一枚を噛んでいました。そして急激に高度が下がっているときに更にもう一枚追加。この方法も効果はあるようです。

 

ガムの代わりに飴を舐めた時も同様の効果でした。飴も最初は一粒、下がっているときに2粒目を舐めましたね。

 

耳抜きをする

 

耳栓を機内に持ち込んだものの、座席の上に収納してある荷物の中、おまけにちょっと離れている場所。席も窓側で取りに行くのが苦痛・・・。ガムも飴もない!そんな時に試した方法です。

 

高度が下がり始める30分ぐらい前から片手で鼻をつまんで耳抜き!これを着陸する直前まで10秒間隔ぐらいで行っていましたね。

 

この他にも私は試したことがないのですが、鼻づまりを解消するスプレーを使用する方法も良いみたいです。着陸前1時間ぐらい前にやっておけば良いと思います。離陸前にやる方もいるみたいですが、その場合フライト時間が短いなら効果が持続していると思います。しかし、長いフライトの場合は効果が薄れているので、着陸時間に合わせて飛行機の中で行う方が良いと思います。

 

他にも頭痛薬を事前に飲んでおく等の方法があるようです。

 

目の奥の痛みから解放された私に最も効果的だった方法

私の場合は耳栓第一!耳栓が一番手間がかからないで効果的なので私の場合は最優先で耳栓を使用します。

 

耳栓が無い場合には耳抜きやガム、飴を使用します。ガムや雨も口に入れるだけで簡単なのですが、私の場合は耳栓!

 

耳抜きも効果的でしたが、エコノミーの場合、席の間も狭く満席の場合耳抜きを必死にやっていると隣の視線が凄く気になるんです(笑)「この人何やってるの?」って感じで見られましたからね。軽く耳抜きのシューシューしている音も聞こえてしまうのでしょう。

 

隣が日本人の時の方が何か恥ずかしかったです。(笑)

 

スポンサードリンク

 

 

なので私は耳栓第一です!飛行機に乗るときに必ず機内荷物に入れるようにして、座席に座るときには座席のポケット?等におくようにしています。一度耳栓を機内に持ち込んだ物の上の荷物の中に入れてしまい悲惨な目にあったこともありました・・・

 

この方法を実践して以来飛行機頭痛に悩まされることは一度もありません。

 

重要なのは鼻の通りを意識すること!

 

気圧をコントロールできるようにしておくこと!ですかね。

 

 

トップへ戻る