上空での頭痛や耳の痛みの原因は?

航空性副鼻腔炎って?鼻の周り、中にはいくつもの空洞があって、それが副鼻腔と呼ばれています。副鼻腔が花粉症、鼻炎、蓄膿症、風邪等の症状で詰まっていると、空気の出し入れが上手くできなくなります。

 

その状態だと飛行機が着陸態勢に入るために高度を下げるとき、気圧が変化するときに、耳が痛くなったり、頭痛、おでこ、こめかみ、眉間、眼球の裏?の激し良い頭痛に襲われる症状が出る人がいます。

 

飛行機が上昇するときには気圧が下がり、下降するときには気圧は上昇します。このため、上記のような何らかの鼻の通りが悪くなる原因があると、体の外は気圧が低く、副鼻腔や耳の中は気圧が高い状態。この 気圧差鼻の粘膜や鼓膜が膨張することで痛くなるわけです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

アレルギー性鼻炎、花粉症、蓄膿症等の鼻の疾病を抱えていない人の場合には、鼻の中、鼓膜の外側と内側の気圧の調節が正常に行われるので、全く問題ありません。

 

上記のような鼻の疾病以外にも、鼻中隔彎曲症(鼻の中の空気の通り道が非常に狭くなる症状)の人の場合も、空気の流れ、気圧のコントロールをスムーズに行うことが出来ないので激しい痛みに襲われてやすくなります。

 

航空性副鼻腔炎、航空性中耳炎とどちらの場合も共通しているのが、鼻呼吸が正常に行えるのかですね。それ故、鼻に何らかの疾病を抱えているとあの耐え難い激痛に襲われやすくなってしまうわけです。

 

片方が通りが良くて、もう片方が全然鼻が通らない、なんてこともあると思います。

 

たかがアレルギー性鼻炎、花粉症だからと症状をそのままにしていると、飛行機に乗ったときに今まで経験していなかった人もある日突然襲われますからね。

 

実際私もそうでした・・・

 

元々ハウスダストのアレルギー性鼻炎があり、花粉症もある。あるときには蓄膿症にもなってしまいました・・・。あの激痛の原因が鼻の疾病と大きな関係があることに気づいてからようやく耳鼻科に通い始めましたからね。

 

飛行機に乗る機会が多い人で何らかの鼻の疾病がある人は要注意ですよ!今回は何の症状もでなくても、次回突然襲ってきても何ら不不思議ではありません。

 

簡単な予防、対策としては飛行機の気圧をコントロールすることができる専用の耳栓をつけること!ですね。今まで飛行機に乗った時に航空性副鼻腔炎の症状になったことがある人におすすめの方法です。

 

 

気圧コントロールできる耳栓の詳細