気温の差が原因で

寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)って聞いたことはありませんか?寒暖差アレルギーとは大きな温度差による刺激が鼻の奥を刺激して血管の太さが変わり、粘膜が腫れ上がり、鼻づまりや鼻水など花粉症のような症状をおこしてしまうのです。熱はないのにこういった症状がでていたら寒暖差アレルギーを疑う必要がありますね。

 

特に季節の変わり目に起こりやすい症状です。一見すると花粉症や鼻炎と思ってしまうかもしれませんが、私の場合よくよく思い返してみると気温の変化が激しい時期だったり、室内と室外の温度の差が激しいときに起こっていました。

 

寒暖差アレルギーという病名があるわけではなく、実際の病名は「血管運動性鼻炎」です。アレルギーとは名前についていますが、実際には寒暖差アレルギーを引き起こすアレルギー物質があるわけではありません。アレルギーをおこす原因が見つからないものを、寒暖差アレルギーと呼ぶわけです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

要するに激しい寒暖差によってひき起こる自律神経の異常が鼻詰まり、鼻水、くしゃみの症状を引き起こしてしまっているのです。花粉症や風邪とも症状は似ていますが違います。

 

夏場はエアコンで室内の温度が極端に低い場所も多いですよね。しかし、室外は30度以上のすさまじい暑さ。特に近年の猛暑は凄いですよね。こうした室内と室外のあまりにも激しい温度差によって寒暖差アレルギーの症状は起こります。

 

もっとなりやすいのが季節の変わり目、春から夏になるとき、夏から秋になるときなど、日によって急激に温度が上がり高い日があったり、そうかと思えばすごく寒い日もあったりと日によってかなりの温度差がある日も多いですよね。

 

こうした日が続くとこれもまた寒暖差アレルギーを引き起こしてしまいます。気温が高いときには血管を広げて体温を放出しようとします。気温が低いときには血管を縮めて体温を保とうとします。しかし、ある一定の温度差を超えてしまうと自律神経が上手く機能できなくなってしまい、鼻の中にある毛細血管が過剰に反応してしまいます。そうなると鼻の粘膜が腫れてしまって鼻詰まりになったり鼻水、くしゃみ等の症状がでてきます。

 

室内と室外の温度差を少なくすることが重要。寒いときには我慢せず何か一枚羽織ることが重要です。寒暖差アレルギーを予防するためには、面倒でも温度調節をしっかりとすること!

 

寒暖差アレルギーの症状が出ているときに飛行機に乗る機会がある人は、飛行機頭痛にも注意をしておいた方が良いかもしれませんね。直接の原因ではありませんが、飛行機頭痛は鼻の状態と大きな関係があるので、やはり粘膜が腫れ上がって鼻の通りが悪いとき、鼻水が止まらない時には注意が必要です。

 

念のため、飛行機に乗るときには気圧コントロールができる耳栓をお忘れなく!鼻の状態が良くないときには必須ですね!あの眼の中の血管が切れたんじゃないかって言うぐらいの激痛は二度と味わいたくないですからね。

 

 

スポンサードリンク