鼻のつまりと飛行機の頭痛

飛行機が高度を下げるとき、そう、着陸に向けて高度を急激に下げるときに頭に激痛が走りませんか?この点表現が難しいのですが、頭と言うよりも

  • おでこの辺りが痛い
  • 眉間が痛い
  • 目が痛い
  • 目の奥が痛い
  • 眼球が痛い
  • 鼻の上の奥の辺りが痛い

等の表現が当てはまると思います。

 

経験したことのある人なら理解してもらえるのではないでしょうか?

 

初めてあの激痛が襲ってきたときには正直びっくりしましたね。頭の血管、目の奥の血管でも切れているんじゃないかと思うほどの激痛。気圧の急激な変化でこうなっていることは何となくわかってはいたのですが、やはりなる人ならない人がいます。

 

100%とは断言できませんが、この飛行機が着陸する前の30分ぐらい前から高度を大きく下げているときに起こるこの症状!急激な気圧の変化が関係しています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

そして、この症状に悩まされている人の特徴として多いのが何らかの鼻の疾患を持っているということ。

  • 鼻炎
  • 蓄膿症(副鼻腔炎)
  • 花粉症

等。

 

風邪をひいているときにも関係があるようです。

 

共通しているのが「鼻の通りが悪い」「鼻づまり」であるということ!

 

鼻がつまっていると、高度を下げるときの急激な気圧の変化を鼻の中にある副鼻腔が上手くコントロールすることができず、副鼻腔の気圧の調整がうまくできない状態にあります。上記のような鼻の疾患を持っていると、副鼻腔が正常な状態よりも腫れ上がっている状態。

 

空気の通り道が狭くなっている状態なんですね。炎症が起こっている状態ですから、膨れ上がって穴をふさいでいる状態です。

 

それ故、鼻の通りが悪いわけなんですよね。

 

鼻の通りが悪いと、気圧のコントロールがうまくできず、急激な気圧の変化により粘膜を刺激、神経を刺激されることによって眼の奥に急激な痛みが走るようです。

 

 

スポンサードリンク