鼻の中を洗浄、保護しよう!

鼻うがい=鼻の洗浄。細菌、ほこり、膿等を洗い流して鼻の中を清潔に保つ効果があります。鼻に不快感があるときにはとても有効な方法なのですが、注意点もあります。

 

まずは、真水を使用しないということ!真水と体液とでは浸透圧が違うため、真水で鼻うがいをするとプールで鼻に水が入った時のあの痛さになります。この不快感を避けるために使用するのが食塩水。

 

目安としては100mlに対して1グラム程度、0.9グラムぐらいがちょうどよいとされています。

 

自分で作るのが面倒な人には鼻洗浄液も販売されているのでそれを使用するをおすすめします。

 

蓄膿症鼻うがい

 

 

自分で食塩水を作って鼻うがいをする方法。洗面器や大きなコップ等にこの食塩水をいれて鼻うがいをします。

  • 片方の鼻の穴を指で押さえて空気が入らないようにする。
  • 前かがみの姿勢で行う。
  • もう片方の鼻からゆっくりと吸い込みます。飲み込まないように注意。
  • 次にもう片方の鼻も同じ要領で。
  • 両方の鼻を洗浄し、食塩水が全部出たら鼻をゆっくりとかむ。

勢いよく鼻をかんだり、食塩水が残っている状態で鼻をかんでしまうと中耳炎になる可能性もあるので注意。

 

最初はなかなかうまくできないかもしれませんが、何回かやるとコツがわかってきます。そうなると鼻うがいは簡単です。前かがみの姿勢の位置がわかってくると簡単です。

 

時々蓄膿症の症状が出てしまう人も、鼻うがいを習慣にしておけば予防できるので、是非普段から鼻うがいをおこなうことをおすすめします。なかなか自分で上手くできない!そんな方には鼻洗浄、粘膜の保護に大活躍のこの洗浄機がおすすめです。

 

花粉症時期の喉、鼻の不快感、アレルギー性鼻炎、蓄膿症の人が使用していてとても評価の高い鼻洗浄機です。これなら誰でも簡単に毎日鼻うがいが楽々できちゃいます。

 

自宅で使える超音波温熱吸入器の詳細

 

やっぱりスッキリと鼻が通るって凄く気持ち良いですよね!鼻が通らずご飯の味が全く分からなかった時期は正直非常に残念でもったいなかったです。食事の時間は美味しく、楽しく過ごしたいですからね!

 

蓄膿症予防のためにも、これからも鼻うがいを続けていきたいと思います。蓄膿症になりやすい、そんな方は是非鼻うがいをお試しあれ!!

トップへ戻る