鼻が詰まっているとなりやすい?

今回紹介する方法は、飛行機に乗るときや乗った時に鼻の通り具合が良くない時におすすめの方法です。鼻の通りが良くない場合は二つあると思います。一つは鼻水は特に出ないけど、なんか詰まった感じがする場合。もう一つは、鼻水が止まらなくて鼻の通りが良くない場合。

 

今回紹介する方法が効果的なのは、鼻水は出ないけど鼻が詰まっている状態の時!飛行機内でも手軽に出来る簡単な方法です。その方法が、鼻孔拡張テープを張る方法です。ブリーズライトが代表的でしょうか。

 

 

鼻に貼ることで、プラスチックのカバーの反発力で、鼻孔を広げて鼻の通りを良くするのがこのテープの効果。貼った瞬間から効果を実感でき、剥がすまで効果が持続します。

 

鼻の皮脂をよくとってから貼らないとしっかりと粘着しないので、剥がれやすくなってしまうので注意が必要ですね。

 

この鼻孔拡張テープを使用する方法なら、飛行機に乗る前でも、飛行機に乗っていて高度を下げる少し前にでも簡単に張ることが出来るので鼻の詰まりが気になるときにはおすすめです!

 

この方法で鼻の通りは凄く良くなるので、就寝前に使用する人も多いみたいですね。

 

鼻水が出ない鼻詰まりの場合、鼻孔拡張テープだけでも鼻の通りはかなり良くなると思いますが、それでも飛行機降下時のあの激痛が心配な場合には、念のために気圧コントロールが出来る耳栓をしておいた方が良いと思います。

 

色々な予防法を試してみると、どの方法が自分にあっているのかわかると思います。