どうして蓄膿症に?

蓄膿症の原因は、細菌、カビ、アレルギー性鼻炎のことが多いようです!埃やカビなんかも要注意なんですね。こう考えると例えば部屋が汚い、掃除をしていないなんてことも何らかの影響があるんでしょうねぇ。また、風邪をひいたときに副鼻腔炎になる可能性が高まるのは細菌の影響!アレルギー性鼻炎の人は風邪をひいてしまった場合、副鼻腔炎になる確率も高いようです。

 

鼻水や鼻づまり以外にも、寝不足、倦怠感、頭痛の様な症状が表れる人もいます。蓄膿症になっていると飛行機頭痛にもなりやすいのでやはり、予防のためにも蓄膿症にならないようにすることは大切ですね。

 

風邪をひかないように免疫力を上げる、ほこり、ダニを極力少なくする。アレルギー性鼻炎の治療をする。こうした点は蓄膿症の予防のために重要なことです。

 

また、歯周病や虫歯を放置していると蓄膿症になる確率が高まるようです。蓄膿症は様々な原因があってなってしまうんですね。

 

自宅で自分で予防に努められることも多いので、季節の変わり目に鼻がムズムズしがちな人、風邪をひきやすい人、蓄膿症の症状に定期的に悩んでいる人は是非予防に努めましょう!

 

蓄膿症対策、鼻炎対策に使用者から評価の高いグッズがこれ!自宅で鼻の粘膜の掃除を綺麗に出来るのはうれしいですよね。鼻の洗浄スプレーではなかなか洗浄効果を期待できなかった人からも人気の鼻と喉のための加湿器!?

 

粘膜を清潔に、そして劣えていた粘膜の自浄作用を活性化させてあげましょう!