飛行機頭痛の原因なくすには治療を

飛行機頭痛に影響しているのが鼻の通りが良いか悪いか!鼻の通りが悪い場合に飛行機頭痛を起こす確率が高まります。空気の圧を上手く調整することができなくなってしまうことが、激痛に繋がるなんて・・・。

 

鼻の通りが悪いことの原因には様々ありますが、寝不足等でたまたま飛行機に乗った日に体調不良で鼻が詰まっていたなんてこともあると思います。しかし、慢性的に鼻炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)の影響で鼻の通りが良くない人も多いと思います。

 

飛行機頭痛の症状に頭を悩ませている人の多くが、鼻炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)といった鼻の疾患を抱えていると言う事実があります。慢性的に鼻詰まりの状態であることと飛行機が着陸に向けて高度を下げるときのあの頭痛と大きな関わりがあるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

病院で飛行機頭痛の治療をやってるの?

アレルギー性鼻炎、花粉症、蓄膿症になっていると鼻の粘膜は炎症を起こしていて、腫れ上がっています。そうなると空気の通り道が非常に狭くなり上手く鼻で呼吸が出来なかったり、気圧の調整が出来なくなってしまうわけです。

 

気圧コントロールが上手くできずに血管が膨張、神経を圧迫することによってあの激痛を引き起こしているわけなんですね。

 

病院での治療は飛行機頭痛を治すと言うよりも、飛行機頭痛を引き起こしている原因である鼻の疾病を治すということですね。アレルギー性鼻炎、花粉症、蓄膿症等人それぞれが持っている鼻の疾病を治療する必要があるんですね。

 

飛行機頭痛を根本的に治すためには病院でアレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎の治療を行う必要があります。勿論、耳栓や耳抜き、ガムを噛んだりする方法は効果的です。しかし、これはあくまでも予防策!根本的な解決法ではないですからね。

 

予防策だけで十分だと考える人もいれば、根本的に病院で治療をしたいと考える人もいると思います。鼻の通り具合を悪くしている原因を治療する必要があるわけです。飛行機頭痛の治療をするというよりも、その原因である鼻炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎等、その人の鼻詰まりの原因を病院で治療することになります。

 

私の場合気圧コントロールが出来る耳栓を使うことで予防率は100%でしたが、最終的には原因を治療しました!

 

飛行機頭痛の根本的な原因を排除したい!治したい!そう思うのであればやはり一度病院で治療を受けることをおすすめします。

 

 

いや、必ず行った方が良いと思います。私も蓄膿症をわずらい、ついに耳鼻科に行きましたからね!やっぱり鼻が詰まっていない、鼻が通るっていうのは快適ですよね!

 

ただし、やはりアレルギー性鼻炎を完治させると言うのは難しいですね。実際に今もアレルギー性鼻炎は完治していません。ハウスダストのアレルギーがあるのですが、これを完治させるのは無理でしょうね。

 

薬飲んでも一時的には良くなりますが根本的な解決にはなっていません。

 

なので、いかに症状鵜を悪化させないかがキーポイントだと思います。完治が難しい以上どんな時に症状が出やすくて、どうすれば症状が出にくくなるのかを知って予防と対策が必要なのだと思います。

 

飛行機に乗るときに鼻水ズルズル、鼻が詰まっているような状態だけは避けるようにすること!これを知っているだけでも違いますからね。私の場合飛行機頭痛の対策には気圧コントロール機能が付いた耳栓でばっちりです。

 

 

トップへ戻る