飛行機の気圧の変化と蓄膿症

飛行機に乗っているとき、特に高度を落とすときにあの激痛に悩んでいませんか?

 

経験したことがある人なら共感していただけると思いますが、あの眉間、眼の奥、額に感じるあの超激痛です!最初あれを経験した時にはびっくりしました!眼球の血管か脳の血管でも切れてとんでもないことが起こっているんじゃないかと思いました。

 

鼻の奥の方?眼球の奥の方?でピキピキ音がするのもわかるし、相当ビビりましたね。このとんでもない痛みのことを飛行機頭痛って呼ぶんですね。この飛行機頭痛の原因として考えられているのが鼻炎や蓄膿症の様な鼻の疾患。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

たかがアレルギー性鼻炎や花粉症がこんなにおおきな影響を与えていたなんて・・・。花粉症はたかがなんて言えないですけどね。ただ、こうした鼻の疾患がこのような激痛を引き起こしているなんて考えてもみなかったですね。

 

アレルギー性鼻炎、花粉症の自覚はあっても、蓄膿症には気づいていない人も多いとか。

 

蓄膿症の症状としては

  • 粘り気のある黄色の鼻水が出る
  • 鼻の奥でなかなか出てこない感じがある
  • 鼻水が臭い
  • 喉に鼻水が垂れる感じがある

こんな症状があれば蓄膿症だと思います。

 

蓄膿症は病院でも治療できますが、市販されている治療薬もあります。即効でというわけにはいかないので継続的に飲む必要があります。この点は病院で治療するのも同じですね。結構通院しないといけないですからね。

 

蓄膿症やアレルギー性鼻炎等の鼻の疾患の影響で空気の通りが悪いことが飛行機頭痛と大きく関係しています。これを解決するためには鼻の通りを良くしてあげること!鼻の通りが悪いと気圧のコントロールがスムーズに行えないため、飛行機が高度を下げるときに気圧が上がリ始めると、それまで気圧で収縮していた血管が高度を下げるとともに膨張して神経を圧迫。鼻の上、目の近くにあるためにあの眼球が痛いような激痛が引き起こされるわけなんですね。

 

鼻の通りが悪いことがこんなことと関係していたなんて・・・

 

以前飛行機頭痛を経験したことがある人は特に、次に飛行機に乗る機会があるならば、予防法、対策をしっかりしておいた方が良いですね!蓄膿症の人は市販薬でも良いのでしっかりとケアしておくことが重要ですね。

 

蓄膿症の市販薬って?

 

楽天なら「チクナイン」がこの価格

 

市販の薬で改善しない!だけど飛行機に乗る機会が近づいている!そんな時にはやっぱりあの耳栓を持参しましょう!!気圧をコントロールするタイプの耳栓の効果は抜群ですよ!