飛行機に乗っていて、飛行機が着陸のために高度を落とし始めるのがだいたい予定到着時刻の30分ぐらい前。この時間になると飛行機が一気に短時間で高度を落とし始めるんですよね。

 

この時に、あの超激痛に襲われる人がいるわけです。感じ方は人によって違いますが、大体共通しているのが

  • 眉間
  • 目の奥
  • こめかみ
  • 鼻の上の方

等。

 

鼻の中の骨がピキピキと変な音をたてているのがきこえたり、血管が切れているんじゃないかと不安になるぐらいの激痛に襲われ、あまりの激痛で涙が出てきたり、とにかくめちゃくちゃ痛いんですよね。

 

原因はまだこれ!っとは断言がしにくい様なのですが、この飛行機が降下中に起こる激痛を調べている先生もいらっしゃいます。飛行機頭痛と大きく関係していると思われているが鼻の状態。

  • アレルギー
  • 花粉症
  • 蓄膿症(慢性副鼻腔炎)
  • 鼻茸
  • 鼻中隔湾曲症

等。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

アレルギー、花粉症、蓄膿症の症状も特にないのに年中鼻が詰まっている感じはありませんか?自分で鼻が詰まっている感じはしていなくても実は鼻中隔湾曲症だったり、鼻茸ができていて空気の通り道が非常に狭まったりしている場合もあります。

 

こういった場合気圧の変化を上手くコントロールできずに、高度を下げるときに粘膜が大きくはれ上がり、神経を刺激してあの激痛を引き起こしやすくなるわけなんですよね。

 

なんか年中鼻が詰まっている、飛行機頭痛にもなりやすい、鼻詰まりの自覚症状はないけど気になる、そんな方は是非一度病院でチェックを!鼻中隔湾曲症の手術は入院が必要な所もあれば、日帰りのところもあります。

 

ちなみに鼻中隔湾曲症の原因は子供のころに転んで顔面を強打したとか、何かにぶつかったとか、スポーツの影響等鼻に大きな衝撃を受けたことが大きいとされています。

 

 

 

トップへ戻る